コンテンツへスキップ

ゴルフ会員権のいろいろ

ゴルフ会員権にはいろいろ種類がある

ゴルフ会員権には3種類ある
ゴルフ会員権には3種類に分けられた会員権というものがあります。それぞれ条件や立場などがあり、便利に使えるようになるそうです。そしてその3種類とは、預託保証金の会員権、株主による会員権、社団法人の会員権の3つに分けられています。その細かい内容は、後日改めて詳しくご説明します。馴染みがあるゴルフ会員権は預託保証金の会員権で、多くの方がこの会員権を所有するものでゴルフクラブに保証金を払って入会するパターンのヤツです。

ゴルフ会員権の購入で必要な物

ゴルフ会員権を購入する場合に準備する物がいろいろあります。準備が必要なものとしては、ゴルフ会員権を購入する代金と必要な書類です。代金としては、年会費、名義変更料、手数料、それぞれのに掛かる費用のことです。必要な書類とは、入会申し込み書、住民票、印鑑証明、契約書などなど。ゴルフ会員権の購入は、これらのものを準備してからやっとスタートという形になります。アドバイスとしては、ゴルフ会員権の購入は専門業者に頼んで購入したほうが一番楽です。いろいろと細かな手続きがありますから、分からないことが多すぎて迷い困ることになるのです。時間の無駄を省くために、ここは専門の方に頼んでやってもらったほうが楽です。

ゴルフ会員権の取引手数料

ゴルフ会員権を売買する際には「取引手数料」がかかります。ゴルフ会員権を購入する場合には、会員権代金と手数料、名義書換料、年会費が必要です。手数料に関しては、会員権の価格が250万円以上の場合は価格の2%、250万円以下の場合は1万から5万ほどかかります。その他には、ゴルフ場に会員権の権利が移転したことを知らせるための譲渡通知費用もかかります。また紹介者の斡旋が必要になった時の紹介者取引手数料がかかるところもあります。ゴルフ会員権を売却する場合には、手数料と年会費の清算が必要です。手数料は、購入時と同じように会員権の価格が250万以上の場合は、価格の2%、250万以下の場合は1万から5万ほどになります。

ゴルフ会員権の有効期限アルナシ

ゴルフ会員権には有効期限が付く利用方法もあります。最初に会員になる権利を購入することでそのゴルフ場の会員に入会するということになり、それから年会費を支払って会員の権利を継続していくのが一般的なものなんですが、有効期限があるゴルフ会員権は期限までしか利用できないものです。なら単純に有効期限がないゴルフ会員権のほうが良いと考えますよね?購入時はその点をしっかりと考慮することにしましょう。ゴルフ会員権は有効期限がないものがおすすめです。年会費だけで続けられますし、ナンやカンやと手続きも少ないです。ゴルフ会員権としての価値も違います。