コンテンツへスキップ

女性向けにゴルフのアドバイスがあります

アプローチの上達法について

アプローチをしっかりトレーニングしましょう
「アプローチ」というものはとても大切で、よくアプローチをしっかりトレーニングして習得すれば、それだけで100を切れるなどと言われています。アマチュアでは「本当だろうか?」と疑う方も多いかと思いますが、これはたくさんの場面で言われることで、トレーニングを重ねて向上すれば、自ずとその意味がわかってくることになります。とは言っても、やはりアプローチが不得意な方はとても多いものです。その要因は、アプローチのノウハウを掴めていないことにあるようです。

アプローチを向上させるには、いくつか守らなければならないノウハウがあります。それをしっかり守れば、それだけでスコアが上がると言われていますから、ぜひこれらをテストするようにしてください。まずはボールの状態や傾斜など、ボールのライを確認することからです。グリーンまでの距離やグリーンの傾斜、バンカーの位置や状況など、ターゲットのグリーンと周囲の状況をテストしましょう。そして距離だけにとらわれず、多様な状況に応じて一番最良なクラブを選ぶようにします。選んだクラブによって、球筋や着地場所からのボールの転がり方には大きく差が出てくるため、どこを狙えばどのようにボールが転がるかを考えて、狙うターゲットを選びましょう。

ただ、これらは狙った場所に打てることや狙った距離を打てることが前提でもあります。もちろん、それはプロでもミスすることがあるので完璧を求めるのは無理なことではありますが、日頃のトレーニングが大切であることは間違いありません。また、コースに出て、実際の芝の具合などを修練によって肌で感じを覚えるということも大切です。

パターを克服する

パターもトレーニングで上手くなる
パターの不得意な女性は多いようです。パターは、距離感、方向性、が両方合致してようやく入る訳ですから、男性女性問わずアマチュアにとって難易なのは仕方ありません。また、順目、逆目といった芝抵抗や傾斜具合などは、修練を繰り返しながらカラダで覚えるしかないという面も大きいです。

打ちっぱなし場のトレーニングばかりのことが多い女性の場合、余計に習得するのが難しいのかもしれません。とはいえ、女子プロゴルファーを見ればわかるとおり、女性だってトレーニングによっては克己できるものなのです。ついパターのトレーニングが足りない傾向があります。でも、パターはトレーニング場に行かなくても、狭い場所でもトレーニングが可能ですから、ぜひ手が空いたらパットのトレーニングをやっていただきたいものです。たかだか1mのパットトレーニングをしたところで、実際の成果は期待できないと考えがちだと思いますが、まず基礎をおさえることが大切ということです。それに、パター選択も大切です。実際に振ってみたり、打ってみたりして、しっくりくるアイテムを選んでください。